探偵から聞いた現実

携帯が鳴りだした途端、慌てたように部屋を出ていく

>>> 2017/07/21

旦那の浮気が確実なものとなったのですが、私の心は違う興味に変わっていきました。うちの旦那、どういう人物と浮気して、どんなことをしているのだろう、と。もはや悲しみや怒りがほとんどこみあげてきません。いつのまにか、夫婦の愛情は冷めていたのかしら、と初めて気づかされました。

そこで、初めての経験だったのですが、探偵を使ってみることにしました。正直、旦那の稼ぎはよかった上に、お金の管理は私がやっていたので、探偵に使えるお金は十分にあります。そして、最終的に離婚となっても、このお金と家を離さずにいようと決意したのです。

ネットで浮気調査に経験のある探偵を探しました。事情を話し、旦那の行動を尾行してもらうことにしました。もうそのあとは、私はあきらめの境地です。旦那は出張と言いながら週の半分くらい家に帰らずにいましたが、もうほんとに出張なのか、どうでもよくなってきました。この手にしている資産をいかに自分のものにするか、頭を悩ませていたからです。

2週間ほど経ち、探偵から調査の結果が届きました。証拠写真としてある女性の家に立ち寄っているものがありました。その女性は…わたしの推測通り、会社の女性社員でした。旦那は40代ですが、その女性は20代後半のようです。水商売の女性なら、金銭目的であろうと思いますが、会社の同僚であれば、真剣な付き合いなんだろうか…わかりません。探偵も、そこまでの気持ちはわからないそうです。

でも、離婚したらこの先の給料も入ってこないわけだし、今は放置しています。まあ言えば、泳がせています。いざと言うとき、全部知っているんだから、と言えるようにすべて握って黙っています。